B-Paws 犬と人。

    ドッグトレーナーが犬のあれこれを綴ります。犬のしつけは、ホリスティック思考で参りましょう!

    愛犬を守るのは飼い主。

    例えば、不安な時。信頼できる誰かが居てくれたら、ただそこに居てくれるだけで心強い。犬と人との関係もそう。人はつい、犬に 「大丈夫」 を押し付けてしまいがち。その 「大丈夫」 は犬のものではなく、あくまでもその人の価値観によるものなので、大抵の場合は犬にとって決して大丈夫とは思えない状況であったりするもので・・・。嫌だよ、不安だよと訴える本人が嫌だと言っているのならそこは尊重されるべきです。人対人ならば...

    Read More

    シンプルな思いやり。

    先日、レスキュー団体から保護した犬を飼っている外国人の男性とお話をする機会がありました。その男性が住んでいる家から徒歩10分圏内には河川敷もあるのですが、散歩は朝晩2回、家から徒歩30分掛かる大きな公園へと毎日出向いているそうです。・・・その公園に仲の良いお友達でもいるのでしょうか?・・・なぜ近場の河川敷ではなく、離れた大きな公園までわざわざ行くのでしょうか?単純な疑問を抱き、足りない英語力で「な...

    Read More

    駄文@わたくしごと

    すっかり月1更新となりつつある当ブログ・・・にも関わらず、こまめに足を運んでくださっている皆様ありがとうございます。Djangoがいなくなってから、何度「もうトレーナーやめてもいいかな」と思ったか。なにしろ今の私は我が子達の幸せの為に突っ走ってきた結果に存在しているだけなので。口にせずとも、私をよく知っている人たちからは止めてはならないと先回りして言われ(´-`;)問題を抱えていた子達が変化してきた姿を見つ...

    Read More

    老犬がわがままになる?

    犬が年を取ったら我儘になったとか、頑固になってきたとか、甘えん坊になってきたなんて言われることはよくある話。「先生、なんでなんでしょう?」と問われて私は、それらしい答えを返してきました。年齢と共に感覚が衰えてしまい今までのようにはいかない犬と、「年を取った」とは言うものの、どこかまだ変わらぬ愛犬を求めている人との差とか、人間同様に年齢を重ねた脳のしでかすことだとか。そして、今はこう思う。残された時...

    Read More

    例えば、犬の尻尾。

    ヴィベケの来日を前に、恥ずかしげもなく犬のボディランゲージについて書ちゃいます。(´-`*)犬のボディランゲージを読み取ろう・理解しようとして「難しい」と仰る方は少なくありません。私個人としては、あまり小難しく考えすぎずに、他人の表情を感じ取るようにすればいいのだとよく言っています。そうは言っても相手が犬となるとそうもいかないのですよね。きっと。私たちは犬のように尻尾を振ることはありませんし、耳をあん...

    Read More