fc2ブログ

    B-Paws 犬と人。

    ドッグトレーナーが犬のあれこれを綴ります。犬のしつけは、ホリスティック思考で参りましょう!

    吠えるのを止めさせる!のを止める。

    ややこしいタイトルをつけてしまいました(笑。
    B-Paws中沢が、まんまと今回も面倒くさい記事を書きますよ~!


    犬の吠えがどんな意味・目的を持っているのかは、状況などによって様々です。

    今回は”吠え”について。


    「要求吠えが酷くて!」と仰る方が居ます。
    で、じゃあ、何を要求しているのだと思いますか?と尋ねると
    場面ごとに合わせた答えがちゃんと返ってきます。

    「他の犬に吠える!」と仰る方が居ます。
    「他人に吠える!」然り、「ご飯のときに吠える!」然り、
    「お散歩前に吠える!」然り・・・・・

    興奮吠え、防衛的な吠え、攻撃的な吠え、退屈な吠え・・・

    様々なパターンがありますが、どんな状況で何に対して吠えるのかは
    大体みなさんはちゃ~んとわかっている。


    ----- 状況別の対応は一旦置いておくとして -----


    全ての吠えに対して言えることは、
    犬が『吠える必要がない』とわかってくれたらそれでいいよね~、と云うことかなと。

    なぜ気持ちが吠えに変換されるのかと言ったら、
    無言の動作だけでは伝わらないから
    声に出して伝えようとしているわけですよね。

    吠えだけで伝わらなければ、吠え+行動となって表現されるでしょうね。

    「んあ~!うるさいっ!もう!」と苛立つのもわかりますよ、人間ですから!
    でも、どうして吠えなければならないのかも考えてあげてください。

    そもそも犬同士の世界は、吠えメインのコミュニケーションではありません。
    ご存知の通り、ボディシグナルが中心。
    なのに、うちの子はこんなにも吠える!?と思いますか?

    想像していただきたいのですが・・・
    伝えたい相手に伝わらないと思ったら・・・
    悲しいかもしれないし、苛立って怒鳴るかもしれないと思いませんか?
    中には「もういいよ」と諦めてしまう人もいるかもしれませんね。

    愛犬に自分の気持ちが届かない!と苛立ったりしませんか?
    もしかしたら、
    それはお互いがそう思っているのかもしれませんよ。
    もしかしたら、
    吠えれば伝わるんだねと単純解釈している可能性もありますね。
    いずれにせよ、吠えなければ伝えられないと思っている。

    吠えるのを止めさせる!!!と鼻息荒く意気込むのではなく、
    吠える必要がなくなるように立ち回ってみるのはいかがでしょうか。

    サラリと走り抜けますが・・・・

    犬・人に吠えるなら、吠えないでいられる距離をキープする。
    すれ違ったり近づいたりしないで済むように回避する。

    遊んで!と吠えるなら、
    遊んでっていうだろうな~というタイミングが想像できるはずで
    「あ~やっぱり吠えだした」となる前に
    遊ぶなり、その状況を作らないようにする。

    ご飯の準備をしていると吠えるなら、
    ご飯のタイミングではない時に準備しておくのはどうですか?
    家族がお散歩に連れ出してくれているうちに、とか。
    準備時間なしにご飯を与えられますよね。
    ご飯が嬉しすぎて興奮する程ハラペコさんなら、
    ご飯の回数を増やしたり、
    ご飯前にマテ!とかやっているなら、その無駄なマテを止めてみるとか。
    我慢させているそのマテが、執着をあげていませんか?

    撫でようとすると「やめて!」と吠えるなら、
    撫でるのを止めたらいいじゃないですか。
    寝ているときにいきなり触られたら驚きますよ?
    撫で方は大丈夫ですか?
    いつでも、どこを触っても、どのタイミングでも嫌がるのなら、
    身体に痛みや異常がないかも疑ってみるべきです。
    撫でて~ときたときに、ちょっとだけ撫でてあげたらいいです。
    しつこいのを好まない子もいますよ。

    溢れ出る興奮が吠えに変換されることもあるでしょう。
    大好きなアーティストを見て「きゃ~♪」と黄色い声が出てしまうような、
    テーマパークでテンションがあがっているような、
    本人でも抑えきれない衝動の中にある・・・
    日常生活でそこまでの興奮に至らせないようにして、
    日頃からこちらも落ち着いたスローテンポを心掛ける。

    dog0081-023.jpg


    いちいち吠えなくても、ちゃんと理解していると伝えることが大事。
    嫌がることを強要されない、
    こちらの意図をわかってくれる、
    そう感じられる相手なら信頼できるなと思いますよね。私たちも。
    ということは、犬からの信頼も得られる!


    吠えについて書きましたが、
    噛みつき行動に対しても同じことが言えると思います。
    噛みつく必要がないようにしてあげることが、最優先事項。
    発展させたい道路はどちらですか?

    私たちが歓迎できない行動を
    ただ、やめさせる!のではなくて、
    なぜそうするのかを考え、
    そうする必要がないように環境を整えることから始めませんか。
    そのうえで、
    そうする必要がないと伝える。

    ストレスでいっぱいになっていて、
    自分で自分を制御できずに苦しんでいる場合もありますよ。
    それも、
    吠える必要のない環境を整えることによって緩和が狙えます。


    吠えるのを止めさせる!から、
    吠えなくていい環境づくりへ移行していきませんか。
    どこぞのCMみたい(笑


    新しいところに登録してみました。

    1ポチの応援よろしくお願いします(*´-`*)ジャンゴと私が尻尾を振って喜びます。


    ☆…☆…☆…☆…☆…【 NEWS 】…☆…☆…☆…☆

    <3月のようちえんクラス開催日>
    3月6日(日)、17日(木)、31日(木) 
    2月のようちえんクラスの様子は こちら からご覧いただけます。

    <4月に山中湖にてグループレッスン>
    4月24日(日)開催 参加犬募集中
    ※カウンセリング困難な遠方からの参加ご希望はお問合せください。

    ☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆




    ← 1ポチ、励みになります♪

    logo_y.gif
    スポンサーサイト



    Comment

    Post Comments

    (設定しておくと後でPC版から編集できます)
    非公開コメント