fc2ブログ

    B-Paws 犬と人。

    ドッグトレーナーが犬のあれこれを綴ります。犬のしつけは、ホリスティック思考で参りましょう!

    自由と好き放題。

    人間は”自由”と云う単語が好きな生き物だと、
    私は常日頃そんな風に思っています。
    ・・・感じ悪いですかね?(笑

    「で、自由ってなに?」と尋ねられたら、みなさんはどうお答えになりますか?
    哲学的な話になりそうですけど。



    犬を尊重しよう、
    犬を叱らずに育てよう、
    散歩では長いリードとハーネスで犬の邪魔をしないように歩こう、
    犬の嫌がることを無理強いしないでね、
    吠えは悪ではない・・・
    等々と私は言うわけですが・・・

    すると当然の如く、そこに犬の”自由”を連想する人がいる。

    で、

    「それでは犬が我儘になる!」と思う人もいれば、
    逆に、
    「そういうことならば!」とここぞとばかりに犬の好き放題状態にさせてしまう人もいる。


    う~ん(´-`;;;)


    どっちも違います。
    どっちも極端過ぎます。




    私自身も”自由”が好きです。
    と云うより、束縛や細かい規制が苦手です。
    束縛や制限を感じない状態・状況はのびのび出来るし、
    自分のアレコレに選択肢があることに対して”自由”を感じます。
    そして、
    その選択を自分の意思で行動へとうつせることを”自由”なのだろう思えます。

    規則だ束縛だなんだ~と生じるのは、
    私と云う人間が社会に属しているからなんですよね。




    そこ!

    ・・・そこだと思うのです。


    社会の中での野放しは自由ではありません。
    それは、ただの野放し。
    社会の中での好き放題も自由ではありません。
    それでは当然ワガママにもなるでしょう。

    ですから、私のいうような犬の話に対して
    「犬を好き放題させてワガママにしてしまうのでは」とお考えになる
    その気持ちもわからなくはないのです。

    私が犬達に与えたいのは、選択肢。
    こうしなければならない!
    ああしなさい!
    こうでありなさい!
    と云う押し付けの一択ではなくて、
    進むことも戻ることも自分で選べるような選択肢。
    右か左か、斜め前か斜め後ろか、と。

    そしてその選択肢の中で、
    私たち人間と犬とが共生していくうえで
    望ましくない選択をせずにいられるよう人間がサポートする。
    それは押し付けであってはならないと思う。

    1457604876038.jpg


    社会の中で生きていくには、
    ある程度の制限や規制はつきものでしょう。
    そこのラインを踏み越えないことで得られるのが”自由”なのかな、と。
    好き放題はいずれ不自由さにドン詰まりそうですよ。
    不自由さをぼやくことが出来るうちは、まだまだ”自由”なのかも。

    他者に迷惑を掛けないとか
    そうしたことを制限や規制と捉えるのは違うと思うのですけどね。
    そこはモラルの問題かと。

    好き放題はモラルも何もないところに位置してると思います。

    砂漠の荒野のど真ん中で、社会もなにもない状態なら
    好き放題での”自由”でいいと思います。
    翼を広げてハゲタカの如く大空を飛びまわったらいい。
    でも、社会に属している限り、そうした”自由”とは少し違ってきますよね。
    その代りに、社会に守られてもいるわけで。
    いつ外敵に襲われるかの恐怖と隣り合わせの自由ではないですからね。

    私たち同様に
    必然的に犬も社会に属しているのですから・・・・・・(ry。



    私たち人間は、
    息苦しいと感じた場所から離脱を選択することもできなくはないですけどね。
    (放浪癖があった私・・・)




    犬が犬として生きていられるくらいの選択肢を与えることで、
    犬の表情が変わり、
    問題と思われていた行動が減ってしまうことすらあります。

    指示を覚えるのはいいけれど、
    事ある毎に指示でどうにかさせようとするのは
    犬の選択肢を取り上げてしまうと云うこと。

    何度でも言いますけど・・・
    初めて犬を迎え入れたのもこちらの選択。
    そのときから1日24時間のほとんどを
    留守番だなんだと人間の都合に合わせて生活せざるを得ない犬。
    そうした犬達に選択肢を増やしてあげませんか?
    決められたことしか出来ない状況は、ストレスだと思いませんか?
    スケジュールがズレてイレギュラーなことが起こると
    それはそれで多大なストレスを感じてしまう犬がいるのも、
    そうしたことが要因ではないでしょうか。

    犬にだって、状況ごとにどうしようかなと考える時間があってもいいではないですか。

    1437057779673.jpg


    似たようなところでは・・・
    犬を守ることと、過保護にすることは違う。
    そこも勘違いしてしまうと大分ズレて進んでいきます。

    犬を褒めると云うのも・・・
    叱る必要はないけれど、ただ闇雲に褒めてれば解決するわけでもない。
    その犬に合った褒め方がありますしね。



    私自身は、
    物理的な豊かさよりも
    メンタル的な豊かさ(余裕)を与えられたら
    多分、
    毎日をとても平和に充実した気持ちで過ごせると思うのです。



    ・・・・・・・いつものことですけど・・・・・・・

    自分がなにを言っているのかよくわからなくなってきました (´-`;)

    とにかく!

    犬をのびのび育てるのと、好き放題させるのは違う。
    犬自身に選択肢を与え、
    それを考えるだけの余裕をあげましょう♪
    犬が選んだ選択が好ましいものでなかったのなら、
    それ以外の選択肢があることを気付かせてあげましょう♪


    ってことが言いたかったのだろうと思います(笑。


    「散歩コースはどっちにする?」
    <ん~っと・・・こっちがいい!>
    「じゃあ、そっちに行こう~」

    <あ、いいもの見つけた!>
    「それは危ないから拾わないでね~」
    <えぇぇぇ・・・・仕方ないか・・・>

    そんな風に犬と歩くのが楽しいと思う。


    ↓ まぁ~なんとなく伝わったよ!と云う方はポチッ♪

    1ポチの応援よろしくお願いします(*´-`*)ジャンゴと私が尻尾を振って喜びます。


    ☆…☆…☆…☆…☆…【 NEWS 】…☆…☆…☆…☆

    <3月のようちえんクラス開催日>
    17日(木)、31日(木) 
    ようちえんクラスの様子は こちら からご覧いただけます。

    <4月に山中湖にてグループレッスン>
    4月24日(日)開催 参加犬募集中
    ※カウンセリング困難な遠方からの参加ご希望はお問合せください。

    ☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆




    ← 1ポチ、励みになります♪

    logo_y.gif

    スポンサーサイト



    Comment

    Post Comments

    (設定しておくと後でPC版から編集できます)
    非公開コメント