FC2ブログ

    B-Paws 犬と人。

    ドッグトレーナーが犬のあれこれを綴ります。犬のしつけは、ホリスティック思考で参りましょう!

    パピーの夜鳴きは無視するべきなのか。

    ”パピーを迎えたら、トレイを覚えるまでサークル内に寝床とトイレを設ける。
    パピーが鳴いても無視をする。
    鳴いていないとき、トレイが成功した時に出してあげる。”

    それは私も一応身に着けてきたセオリー。

    「う、う~ん、でもさぁ・・・」と、実は思っている。
    結構以前にも、書いたことがあるけど。

    動物の赤ちゃんは、生きていくために親兄弟から離れたら鳴くようにできている。
    それは誰が教えたのでもなく、生命に刻み込まれた生き抜く術ならば
    どうして無視しなければならないのか?

    まだひとりで何もできない赤ちゃんは、
    はぐれてしまえば外敵に狙われたり、食事にありつけなくなったり
    体温が下がってしまうこともあるかもしれない。
    なんらかの危険にさらされてしまうので、
    「はぐれましたけど~!ここにいますけど~!」と親を呼ぶわけですよね。
    その鳴き声で外敵に見つかるとかそういう意地悪な話はナシね。

    それを無視するというのは・・・って思ってしまうのです。

    そうした鳴き声を無視しろと言われる動物は、
    犬のほかにどれほどいるのでしょうか。
    そうされてしまうのは”犬だから”、なのでしょうか。

    ちなみに我が家の歴代の愛犬たちでいうと、
    初代愛犬は外飼いでパピーの頃にやはり夜鳴きをした。
    犬を家の中で飼うなんてまだ浸透してない時代のことですが、
    当時の私を含めた家族の対応は、
    最初は「うるさーい」と怒鳴っていたと思う。(ごめんね、初代愛犬;)
    しかし、最終的には玄関に連れ込んで廊下に布団を敷いて一緒に寝た。
    夏が訪れる前の冷え込む朝、それはとても幸せな記憶。

    今思うと、初代愛犬は本当にかわいそうだった。
    パピーが外って・・・寒いわ不安だわ・・・ごめん。


    その後迎えられた犬達、1頭も夜鳴きした子はいません。
    基本的に私が一緒に寝ていましたから。
    (ジャンゴに関してはサークルを用意したけれど、ジャンゴは夜鳴きさえできなかった。)

    そんなことをすると犬が我儘になるとか、ますます鳴くようになるとか、
    犬の方が立場が上になるとか、独立心を養うだとか、
    粗相をするからとか、諦めることを覚えさせるのだとか、
    そうした理由で夜鳴きも無視すると云うことになっているはずですが・・・
    初代愛犬のそれ以降、我が家では夜鳴きに困ったことは1度もないのです。
    たったの1度も!
    ワガママに、何かある毎に吠えてどうこうと云う事もありません。
    ひとりぼっちになれないと云う事もまったくなく。

    そりゃ~布団が汚れることもありました。
    でも、洗濯すればいいよね。
    汚れても良い布団を準備したし。
    そして、そのせいでトイレを覚えられないと云う事もなかった。
    成犬になるにつれ、布団が排泄物で汚れることも自然となくなりました。
    一緒に寝たいのに、成犬になった愛犬たちは自分で寝場所を見つけるようにもなりました。
    「ちょっと寂しいんですけど」とこちらが思うくらい、自然に”おとな”になってしまいました。
    それはきっと本来、命の成長過程では普通のことなのでしょう。
    そこができずにこじらせてしまうのは、
    接し方を含めた犬を虜囲む環境に問題があるのだろうと思います。

    赤ちゃんは膀胱も小さく、筋肉も少なく、トイレを我慢できないのは周知の事実。
    私の幼少時代だってオムツしていたし、おねしょしてましたよ(笑。
    その度に親は布団をせっせと片づけてくれていたわけですねぇ。


    1463537704267.jpg
    聞き分けがよいけれど、ちゃんと意思表示もしてくれる立派な子になってくれたものです!

    「我儘と云うのはそもそも!」と云う話は恐らく過去に済ませているので、
    ここでは置いておきますが・・・
    犬が我儘になったというのは、要求に応えたことすべてが原因ではありませんよ。
    応えてもらえない・理解されない・伝わらないという犬の想いが
    ときに我儘として捉えられることさえあるのではないでしょうか。
    それはもしかしたら、人が我儘である可能性もあるのではないでしょうか。
    相手の意向を伺い、要求に応えるけれど、できないこともあり、
    それはどの世界を見てもごく普通のことかと。
    すべての要求に応えろ!なんてことではありませんよ。
    変に条件出したり、無視したり、なんでもかんでもいいようにしてしまうのは違いますよ。
    我儘な人間をどうやって作り上げるか考えて逆算してみたらいいです。
    周囲との関わりなしにひとりで我儘になるわけではありませんからね。



    確かに、そうしたことを無視することで鳴かなくなる犬はいます。
    でもその犬が理解したのはいったい何なのかと云うところ。
    ひとりでも大丈夫♪ではないでしょうね。
    鳴いても叫んでも無駄だ・・・でしょう。
    それを伝えるのが目的なら、目的は果たされて成功なのかもしれません。

    でもどうしても私には、それをまるごと肯定することができないのです。

    そして私はヘタレなので、
    夜鳴きが聞こえたらすっ飛んでいってあげてね!とも言い切れない(弱。
    まだ自分で意識してそうした育犬をしていないから。
    ですから、私はこう考えるんですけど~止まり(苦笑。
    しかし私自身はこの先にパピーを迎えることがあったら、
    サークルに閉じ込めたりはしないし、これまで通りひとりぼっちにさせない。

    だって、自分だったら、寂しいと思う。
    親元から誘拐されて(!)急に知らない場所に連れてこられて、
    構ってくれていた人もいなくなって、
    突然真っ暗になってひとりぼっち・・・。
    いくら子供で天真爛漫の好奇心旺盛な時期でも不安になると思う。
    鳴く子もいれば、鳴かない(鳴けない)子もいるでしょう。
    諦めてしまう子もいれば、諦めない子もいるでしょう。
    パピーが呼んでいるのは母犬でしょうから、一緒に居るのに鳴くこともあるでしょうね。


    私はお腹が空くと「お腹すいた~」と訴える。耐えることもある。
    私は退屈だと「退屈~」と訴える。耐えることもある。
    私は嫌だと思えば「嫌だ」と意思表示する。受け入れることもある。
    それと同じことをする犬が居たとして、我儘に鳴いていると言われるならば
    私、立つ瀬なし(笑。

    2016.jpg

    つまり(?)
    夜鳴きをする愛犬に何を伝えたいのか?と云う部分なのかもしれませんね。
    私は、安心感を与え”ひとりぼっちじゃないよ、大丈夫”と伝えたい。

    生後間もない命に刻み込まれているであろうその行為を
    私にはとても否定できません。
    だから中沢トレーナーは甘い!と言われたとしても、甘いともまるで思わない。
    それだけは言い切っておこうと思います。

    これも、環境エンリッチメントではなかろうか。

    ・・・あれ?私、またやっちゃった?(笑



    ↓そんなナカザワが嫌いじゃないよと思ってらもえたら、1ポチの応援よろしくお願いします♪



    ☆…☆…☆…☆…☆…【 NEWS 】…☆…☆…☆…☆

    <5月のようちえんクラス開催日>
    19日(木)・26日(木)

    ようちえんクラスの様子は こちら からご覧いただけます。

    ☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆


    logo_y.gif  


    スポンサーサイト

    Comment

    Post Comments

    (設定しておくと後でPC版から編集できます)
    非公開コメント