FC2ブログ

    B-Paws 犬と人。

    ドッグトレーナーが犬のあれこれを綴ります。犬のしつけは、ホリスティック思考で参りましょう!

    逃げろ!と言いたいわけではない。

    なにかに対して犬の腰が引けている時、
    犬の様子を見てその場を退散したりして
    それ以上その刺激に晒さないようにします。

    恐怖心や不安を煽らない。
    対峙の一択だけではなく、回避・退避の選択肢を与える。

    そもそも、
    腰が引けるとわかっている状況に晒さないことも大切。


    でも、そんなときでも
    ”一呼吸置いて冷静さを取り戻せたら” 大丈夫だったりすることもある。

    怖い!
    やだ!
    不安!
    ぎゃー!
    やーめーて~!

    って、火が付くと神経は過敏になる。

    そこで「怖いよね、そうだよね」と一緒に慌てて早足で逃げたら、
    それは、これまで私が何度もしつこく言っている”回避”とは異なるもの。
    冒頭に挙げていることは、そういうことではないんですよね。

    回避を続けることで苦手なモノが
    少しずつ苦手なモノでなくなっていく・・・
    そう伝えると「逃げてばっかりじゃダメでしょ!」と思う方がいるのは、
    そこの誤解(?)もあるのではないかな~とも思います。



    えぇ~?と思いますよね、うん、そうですよね、きっと(笑。
    これはね、ややこしい部分だろうと思っています。


    大丈夫と思えたり、
    気にしないでいられたりすると云うのは、
    犬自身に、ある程度の冷静さが求められると思うのです。

    その冷静さを如何にして引き出すか。
    冷静になる為のきっかけを与えるにはどんな方法があるのか。

    聞きなれた優しい声で一言、名前を呼ばれることかもしれない。
    狭くなっている視界に、大好きな誰かが映りこむことかもしれない。

    そんなことはまるで届かないくらい切迫した精神状態か否かを
    見極めることも大事になってきますね。

    それもすべて、
    頼れる存在があってこそ!
    飼い主さんが頼れる存在であってこそ!
    ですけどね。

    日頃の関係が大きく影響しますね。

    1465819169453.jpg


    対峙しろ!と追い詰める必要はありませんよ。
    かといって、
    一緒になってパニック的に逃げろ!ということでもありません。

    回避する、その目的が何なのか・・・というところでしょうか。
    不安や恐怖だけでなく、
    興奮に関してもおなじようなことが言えるかなぁ。


    また脱線していきそうなので、〆。


    ↓ 1ポチの応援で私の心を動かしてください♪ブログ更新頻度の励みになります。



    ☆…☆…☆…☆…☆…【 NEWS 】…☆…☆…☆…☆

    <6月のようちえんクラス開催日>
    9日(木)・23日(木)・30日(木)


    ようちえんクラスの様子は こちら からご覧いただけます。

    ☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆


    logo_y.gif  

    スポンサーサイト

    Comment

    Post Comments

    (設定しておくと後でPC版から編集できます)
    非公開コメント