FC2ブログ

    B-Paws 犬と人。

    ドッグトレーナーが犬のあれこれを綴ります。犬のしつけは、ホリスティック思考で参りましょう!

    どうして”嫌”になったのか。

    犬が何かを嫌がる。

    爪切りを嫌がる、
    触れられるのを嫌がる、
    他人・他犬の存在を嫌がる、
    病院を嫌がる、
    あれをこれを嫌がる。

    嫌がる、その表現方法は個体によって差があり、
    唸る・噛みつく・吠える・震える・逃げると様々でしょう。

    そして
    「これは問題だ」と人は思う。

    それが実際に誰にどう問題なのか!?は、置いておくとして。

    どうして”嫌”になってしまったのでしょうか?
    いつから”嫌”になってしまったのでしょうか?

    嫌だという、そこにはそれ相応の理由と原因が存在しています。
    健康に問題がある場合もあれば、
    意図せず怖い思いをさせていた場合もあれば、
    まだ警戒程度だったものをこじらせてしまった場合もあれば、
    成長過程にある時期をこじらせてしまった場合もあれば、
    なにか痛い思いをした場合もあるでしょう。

    B612_20160529_084843.jpg


    例えば。
    散歩から戻った後の足拭きを嫌がるケースでは、
    足を拭くときに、無理やり押さえつけたり
    犬の関節が曲がらない方向へと足を引っ張っていたり、
    拭くことに夢中になり過ぎて
    しつこくゴリゴリやりすぎてしまったり、
    怪我などで何処か痛い場所があったりすることがほとんどです。

    そうしたことを重ねて経験し、
    犬はついに「これは嫌だ」と思う。

    そこに対し、ただ指示に従わせてとにかく大人しく足を拭かせるようにしたい!
    ・・・それでは違いますからね。

    理由と原因を振り返りましょう。

    我慢を教えるのではなくて、原因と理由を把握する。
    原因の排除に努める。
    そのうえで、嫌なものではないと伝えなおす。
    痛くさせていたかもしれない足拭きの方法を見直す。
    なんだったら足拭きをやめるのも手段です。
    汚れが気になるなら、濡らしたタオルの上を歩いてもらうのもひとつ。
    とにかく、リセットしてしまう。


    いつだかの記事にも書いたと思いますが、
    犬は私たちよりも恐怖や不安に敏感になるようにできているのです。
    ですから、
    私たちが「そんなこと」と思うことが、犬を追いつめている可能性もあるのです。

    そんなことと思ってしまいそうなところに、
    犬が”嫌”だと感じるようになってしまった原因と理由が隠れているかもしれません。

    犬の全身の表情をよく読み、
    せめてそれ以上”嫌”にならないようにしましょう。



    自分が嫌なことをされて、
    我慢しろと無理強いされたらどうでしょうか・・・・?


    我々の何気ない日常はFaceBookでご覧いただけます♪


    ↓ 1ポチの応援ありがとうございます!犬バカ万歳!
    にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ


    ☆…☆…☆…☆…☆…【 NEWS 】…☆…☆…☆…☆

    ◆<中沢個人塾> ”犬らしい生活を求めて”
    横浜開催 8月21日 参加者募集中

    <9月のようちえんクラス開催日>
    8日(木)・15日(木)・29日(木)

    <8月のようちえんクラス開催日>
    4日(木)・25日(木)

    ようちえんクラスの様子は こちら からご覧いただけます。

    ☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆


    logo_y.gif  

    スポンサーサイト

    Comment

    Post Comments

    (設定しておくと後でPC版から編集できます)
    非公開コメント