fc2ブログ

    B-Paws 犬と人。

    ドッグトレーナーが犬のあれこれを綴ります。犬のしつけは、ホリスティック思考で参りましょう!

    物事にはバランスがある。

    愛情ホルモンと呼ばれるオキシトシンをご存知でしょうか?
    そう遠くない過去には東大の研究チームが犬における研究結果を発表しました。

    それを受けてか受けないでか・・・
    メディアでは、なにやら万能ホルモンかのような扱いを受けていて・・・
    素晴らしいホルモンとはいえ、私としましては、
    異なる情報も耳にしたことがありましたので・・・
    万能ホルモンといわんばかりの風潮には疑問を抱き、
    専門の研究をされている方々のご意見を伺わせていただいたことがあります。
    ( ご協力くださった皆様、ありがとうございました♪ )


    ・・・それはさておき。


    オキシトシンと並ぶ有名どころ、幸せホルモンで名高いセロトニン。
    セロトニンのお話しは、私もよくさせていただいています。
    セロトニンの方がご存知の方も多いことでしょう。

    オキシトシンとセロトニン。
    このふたつのホルモン、良い効果を出す手段は共通しています。
    日光浴であったり、リズム運動であったり、十分な睡眠だったり。

    鬱病にもセロトニンが関わってます。
    パニック発作にもセロトニンが関わってます。

    でもね、関わり方は異なるのです。

    いつだかの私のセミナーで説明させていただきましたが、
    セロトニンが直接作用と云うわけではないんですよね。
    セロトニンは監督的な役割を担っていて、
    その役割を果たせなくなることで全体のバランスがおかしくなってしまいます。


    つまりは、
    ただ、セロトニンを出せばいい!だけでは結果を得られないこともあるわけです。

    オキシトシンを出せばいい!与えればいい!も同様です。


    それでも、共通してまずどちらにも必要なのは"休養"なんですね。
    より良い効果を出すためにも。

    身体もそうですが、心、脳への休養。
    疲労やストレスで、脳にも乳酸が溜まります。
    乳酸は、疲労物質です。
    脳内筋肉痛!!って想像してみてください。


    2baa6bc78349b2f093142408d29586ca_s.jpg


    う~ん、つらーい!! (苦笑





    つまり何が言いたいのかと申しますと、

    ・・・正直、私自身も次第にわからなくなってきたところですが(!)・・・

    ただお散歩をする、ただ寝かせておく、
    そうしたことだけではなくて、
    まずは本当の意味での"休養"を犬に与えてあげる。
    そのうえでの、のんびりなお散歩だったりするわけです。


    脳や身体の疲労が溜まっていては、よくありませんね。

    留守番中はずっと寝ているから大丈夫!は違いますよね。

    お散歩に行っているから大丈夫!も違いますね。
    走ってばかりだったり、怖い思いばかりだったり、興奮してばかり、
    無理強いが重なったり等々すれば、ストレスは大きなものです。


    近くばかりを見ていると、全体は見えません。
    遠くからばかり見ていれば、小さなことを見落とします。
    どんなことでも、全体を見てあげてください。

    良いと思われることであっても、それだけに集中してしまうのでは
    十分な効果の発揮には至らなかったりするのです。

    トレーニングも同じですね(´-`)
    いえ、むしろ、トレーニングと云う言葉に惑わされずにいたいものです。


    以上、私の古い記事リメイクVerをお届けしました。



    ↓1ポチの応援よろしくお願いします(*´-`*)ジャンゴと私が尻尾を振って喜びます。



    ☆…☆…☆…☆…☆…【 NEWS 】…☆…☆…☆…☆

    <4月のようちえんクラス開催日>
    14日(木)・28日(木)
    ようちえんクラスの様子は こちら からご覧いただけます。

    ☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆



    ← 1ポチ、励みになります♪

    logo_y.gif  
    スポンサーサイト



    Comment

    Post Comments

    (設定しておくと後でPC版から編集できます)
    非公開コメント