fc2ブログ

    B-Paws 犬と人。

    ドッグトレーナーが犬のあれこれを綴ります。犬のしつけは、ホリスティック思考で参りましょう!

    余所者。

    ピンポン吠えについてのお話しをしてみようと思います。

    ピンポンが鳴ると吠える犬は多い。
    自宅に迎えたばかりの頃は、ピンポン吠えはなかったのに!

    何故でしょうね~(´-`)


    ピンポンが鳴った時の状況を思い返してみましょう。

    ピンポンを鳴らすのは大抵の場合は、家族以外の人間ですね。
    ようするに来訪者。
    余所者。

    ピンポンが鳴ったとき、
    慌てて立ち上がり、ワントーン高い声よそ行きの声で 「はーい」 と応じる。
    いそいそと玄関まで行き、普段とは違う態度と声で応じる。

    場合によっては、大きな荷物を抱えて飼い主が戻ってくる。

    犬は、見てます。
    普段とは異なる飼い主さんの様子に、ただ事ではない!?と思う。

    慌てている飼い主さん、
    いつもと違う声色で飼い主さんが応じた後、
    余所者はいなくなる。

    犬は、見てます。

    ピンポンが鳴ると異常事態発生なのだな!?
    余所者が出現する!
    飼い主さんの様子も違う!
    飼い主さんが興奮して追い払った!
    ・・・・・なるほど~・・・・・・・・Σ(゚口゚;


    「よし!オイラもいっちょ頑張るか!!」と犬が思うかどうかは、さておき。
    だいたいこのようなことになっているのです。


    インターホンに応じるときは、
    一呼吸置いてからゆっくりと応じるように心掛け、
    (間に合わなくても宅配便なら再配達もある)
    家族も全員ピンポンを鳴らして帰宅してみたり、
    宅配便が来るとわかっている場合にはインターホンは鳴らさずに
    5分前くらいに電話を鳴らしてもらうようにするとか、
    ピンポンの音をまったく別の音に変えて、
    新しい音で良い印象を付けていく・・・

    そんな風にして、
    既に犬の中で仕上がっている『余所者物語★』を崩してみてください(´-`)
    犬の思い込みを覆してしまう。


    ピンポンに吠えてしまうことが問題なのではなく、
    そのまま興奮して吠え続けてしまい、
    犬自身も吠えを止めることができなくなっていることが問題。
    ですから、
    その”興奮”を引き出さないように応じると考えて頂ければと思います。

    吠えても、叱るのはNGです。
    叱られて益々興奮するし、
    その場で一旦は静かになったように見えても
    「ピンポンが鳴るとロクなことにならない」と犬に思わせてしまう。

    叱られてその時は静かになるけど、
    毎回毎回叱っているのは、叱りに効果がないと云う事。
    そして、
    叱って効果があり!と思ったそのとき、犬は恐怖を感じているだけです。
    犬を怖がらせているだけ、です。


    愛犬がまだパピーで、ピンポン吠えも出ていないなら
    こうしたことを心掛けて予防に努めてくださいね(´-`)
    慌てない、慌てない♪



    ← 1ポチお願いします♪

    B-Paws ☆ なかざわCPDT-KA

    logo_y.gif

    1206577817278407601johnny_automatic_dog_with_toys_svg_hi.png
    スポンサーサイト



    Comment

    Post Comments

    (設定しておくと後でPC版から編集できます)
    非公開コメント