fc2ブログ

    B-Paws 犬と人。

    ドッグトレーナーが犬のあれこれを綴ります。犬のしつけは、ホリスティック思考で参りましょう!

    リード。

    すっかり季節が変わり、お散歩シーズン到来ですね。

    お散歩グッズはどのような物を使用していますか?
    私の愛犬は、ハーネス&3mか5mのリードです。
    もっと長いのを用意しようとすら思っていますが、
    長さが余っていることの方が殆どなくらい、ゆる~い歩みです。
    必要なときに余り部分を伸ばすくらい。

    我がB-Pawsではハーネスを推奨していますし、
    その理由についても既に述べさせていただいております。

    ということで、今日はお散歩必須アイテムである
    リードについて。

    我が家のリードを長いと感じるかもしれませんね。
    長いと危ないのではないか!?とも。
    短かかろうが、長かろうが、扱い方次第で危険度は変わります。
    弛ませっぱなしにしておけば、足にも絡まって危険でしょうが
    それは一般的なリードも同じこと。

    車の往来が激しい場所や人混みで長さをいっぱいいっぱいに使用したりはせず、
    状況に合わせ、手元で長さを調整して使用するものなので、
    ときには数十cmなんてこともあります。
    でもどんなに短くてもリードは張りませんよ~。
    長さを放置しておくのでは、ノーリードと変わらない危険に成りかねません。
    周囲にもきちんと気を配るのは、どんな状況でも同じ!

    扱いのイメージとしては、フレキシリードを手動にしたイメージです。
    フレキシ(自動伸縮)の一番の利点としては、
    飼い主さんご自身に引っ張り癖がつきにくいことだと思います。
    ですが、リードをコントロールしている意識を持ちにくい為に思わぬ事故に繋がったり、
    ボタン等の故障で事故に繋がったりするので・・・
    私個人はあまりオススメしていません。

    1446704862111.jpg


    市販のリードは短い。
    ほとんどのリードが、120cmか150cmくらいしかありません。
    昔からこのくらいの長さのリードが一般的であり、
    見慣れた長さであるとは思いますが・・・でもこれ、短いんですよね。

    お散歩に愛犬が引っ張ると云う事でご相談もいただきますが、
    市販のリードがそもそも短いとご理解いただけると、犬も私もありがたい。

    もちろん、リードの長短に関わらず引っ張りの有無はある。
    ですが、リードが短いことにより引っ張りが生じやすくなっているのも事実なのです。

    ほんの数歩歩いたらリードが張ってしまう長さしかなく、
    さらに、リードが張る(引っ張られる)ことにより、犬は更に引っ張る。
    綱引き状態ですね。

    私たちが、数歩歩いただけで張る綱に繋がれ、
    しかもそれが斜め上方向から繋がっているので
    実際の綱の長さよりも短い範囲しか動き回れないとしたら
    ・・・つらくないですか?

    短いリード&首輪を使用している引っ張り状態では
    苦しさから逃れるための引っ張りも生じているかもしれません。

    そして、引っ張りながらずっと歩いていると犬の興奮度も上がる。
    もちろん、犬の健康にもよくないし飼い主さんも大変。

    長めのリードに変えただけで、引っ張りが治まった事例も少なくありません。
    パピーのうちから長めのリードで引っ張る経験をさせないでおくことで、
    成犬になったときにリードの長さが変わっても、引っ張らないままでいられることも多々。
    成犬になっても長いリードでいてあげてください!



    お散歩道具、見直してみませんか?


    犬具を製造販売している業者さんが、積極的に活動してくれたらいいのになぁ。


    ← 1ポチお願いします♪

    B-Paws ☆ なかざわCPDT-KA

    logo_y.gif
    スポンサーサイト



    Comment

    Post Comments

    (設定しておくと後でPC版から編集できます)
    非公開コメント